マイベストプロ宮城の新着エントリー

アルツハイマー病は、歯周病の合併で認知機能がさらに低下。

アルツハイマー_R.jpg
・2005年には全国で認知症を患う人の数は700万人を超えると予想され、国内外でさまざまな研究が進んでいます。
そんな中、名古屋大学らの実験で「歯周病はアルツハイマー病を悪化させる」ことが明らかになりました。
アルツハイマー病は認知症のタイプの中で最も患者数が多く、6割以上を占めています。
実験では、人工的にアルツハイマー病にかからせたマウスを用意。
2つのグループに分けて一方を歯周病菌に感染させ、「アルツハイマー病のみ」のグループと「アルツハイマー病+歯周病」のグループを作りました。
両グループのマウスにまず球と三角錐を見せ、うち一つを違う形のものに置き換えて反応を調べたところ、「アルツハイマー病のみ」のグループは新しく置いた物体へ頻繁に近づく行動を見せたのに対し、「アルツハイマー病+歯周病」のグループの反応は変わりませんでした。
「歯周病を合併したことでさらに認知機能が低下し、最初に見た物体の形を忘れ、新しい物体に興味を示さなかった」と考えられます。
(日本人はこうして歯を失っていく )
*****
「アルツハイマー病のみ」のグループより、「アルツハイマー病+歯周病」のグループの方が、歯周病を合併してさらに認知機能が低下する可能性が明らかになりました。
アルツハイマー病患者が、歯磨きをしたかどうかを忘れることはあるかと思いますが、歯磨きをしていなくて口が気持ち悪い感覚までは忘れないのではなかろうかと思います。
また、アルツハイマー病を発症した時点で、歯周病でなければ、その時点で歯周病である場合よりも、アルツハイマー病も進行が遅い可能性があります。
もしそうならば、突然発症する可能性が高いアルツハイマー病はコントロールしにくいけれど、アルツハイマー病が発症した際に、少しでも進行を遅らせるために、現在の歯周病を克服するということは意味のあることだと考えています。

ポケモンGO

堀歯科医院のまわりにも、ポケモンが出現しています。

IMG_4415.jpgIMG_4419.JPGIMG_4416.JPGIMG_4418.JPG

近くの河北仙販さんがポケストップ、ゼライスタウンにはジムがあるからでしょうか。

医院前の歩道は広い方ですが、周りをよく見て、マナー良く楽しみたいですね。

犬も歯周病?!

犬の歯周病_R.jpg
・歯周病は人間だけでなく動物にも発症する病気。
特に犬には歯周病が多いことが明らかになっています。
780匹の犬の「歯科検診」の結果を分析したところ、76.3%に歯垢や歯石沈着といった「歯周病予備軍」といえる症状が見つかりました。
ペットも高齢化が進み、歯周病の発生率が増えているのです。
では、犬猫の歯周病は人間の歯周病とは別物なのでしょうか。
実は人間の歯周病菌と同一の菌が犬の口から検出されたという報告もされています。
ペットと飼い主で歯周病菌を相互にうつし合っている可能性も考えられるということなのです。
人間が食べ物を咬みちぎってペットに与えたり、ペットが人間の口を舐めたりするといった行為が、歯周病菌の感染ルートになっているかもしれません。
なおペットは、「歯垢が歯石に変化するスピードが速い」、「ブラッシングが難しい」「痛みや違和感を自分で訴えられない」といった理由から、人間よりも歯周病が重症化する傾向にあります。
(日本人はこうして歯を失っていく )
*****
犬には歯周病が多いそうです。
確かに、ブラッシングは容易ではないでしょうし、犬が痛みを的確に飼い主に伝えることも困難でしょう。
また、獣医師は歯科医師ではないので、犬の歯に問題があると抜歯が第一選択になるそうです。
人間で歯が痛い場合は、歯科医師がその原因を突き止め、適切な処置を行うのが通常で、抜歯はそれ以外の処置が適当ではない場合に行うものです。
しかし、犬の場合には、抜歯になってしまう。
しかもその部分に入れ歯を入れましょうとか、インプラントを入れましょう、といったようなことはない。
治療が容易ではないのであれば、せめて歯垢が付きにくいような配慮は必要になると思います。
飼い犬の食事の軟食傾向が疑われるからです。

バイオフィルム形成でメカニズムの一部解明。

ストレス.png

バイオフィルム形成でメカニズムの一部解明

筑波大学の研究グループらは、バイオフィルム形成の過程で、一部の細胞が破裂して細胞間の”つなぎ”となる細胞外DNAや、相互作用に関わる膜小胞(MV)を放出することを明らかにした。

研究グループは、緑膿菌のバイオフィルムを観察し、一部の細胞が破裂して細胞外にDNAとMVを放出する様子を観察。
細胞の破裂はストレスによって強く誘導されるため、ストレス応答遺伝子群を調べると、ファージの萌出に関わる遺伝子(lys)が同定された。
(アポロニア21 2016年7月号 )
*****
ストレスにより、歯周組織が大きなダメージを受ける印象は個人的には以前からありました。
今回の報告により、ストレスによりバイオフィルム内の細胞が破裂して、細胞と細胞の”つなぎ”になり、バイオフィルムは増強されることが分かりました。
もちろん、ストレスで、TCHやブラキシズムの程度も増大しますから、やはり炎症と力で歯周組織は破壊されるということになるのでしょう。

宮城県のメタボ率は、全国ワースト2位!

metabo_R.jpg
・厚生労働省 国民健康・栄養調査(平成25年)の中の都道府県別メタボリックシンドローム該当者・予備軍割合の合計では、ワースト1位の沖縄県の32.5%に次いで宮城県が29.5%でワースト2位という結果だったそうです。
メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積に加え、高血糖・高血圧などの要因が条幅している状態をいいます。
日本人の死因は約6割を占める生活習慣病はメタボリックシンドロームから高確率で発症します。
生活習慣病とは、食生活の乱れや運動不足、喫煙習慣などの悪習慣が原因で発症する病気の総称です。
これらは動脈硬化が主な原因で、動脈硬化を進行させる代表的な要因がメタボリックシンドロームなのです。
メタボリックシンドロームは自覚症状がなく、重症化するまで気が付かないため、定期的な健診によるチェックと対策が大切です。
・また同じく厚生労働省 国民健康・栄養調査(平成24年)によると、男性の1日の歩数の多さは、宮城県は全国でワースト1位(6439歩)だそうです。
宮城県のメタボワースト2位も、運動不足がだいぶ影響しているものと考えられます。
(捕捉)
メタボリック症候群の診断基準が2005年4月に作られました。
おへその高さの腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合、
この条件に下の3つの症状のうち2つ以上該当した場合、メタボリック症候群と診断されます。

1.中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方
2.血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方
3.空腹時血糖が110mg/dl以上

(日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本動脈硬化学会など8学会が合同で公表した「メタボリック症候群の診断基準」より)