マイベストプロ宮城の新着エントリー

歯の衰えを感じたのは平均57.1歳

・失ってから後悔したものの第一位は「歯」で、加齢による歯の衰えを感じたのは平均57.1歳。

アライナーによる矯正歯科治療を提供するアライン・テクノロジー・ジャパンは、4月18日の「よい歯の日」に合わせて60代以上の男女400人に「歯並びと歯の残存数に関する意識調査」を実施した。

方法はインターネットによるアンケートで、調査時期は2017年3月。

自分の体について、若いころと比べて衰えた、失ったと感じており、「変化して欲しくなかった」「失って後悔している」ものを聞いた結果では、「歯」と答えた人が、61.3%で、「髪の毛」の60.0%や「体型」の43.3%をおさえて1位だった。

さらに、同年代で外見が良いと感じる人の印象を左右するパーツについては。「体型」「髪の毛」に次いで「歯」は第3位で、目元や肌、口元よりも上位だった。

(アポロニア21 2017年6月号 )

*****

侵襲性歯周炎の患者さんは慢性歯周炎の患者さんよりも歯を失うスピードが速いように感じます。

何かの研究報告で、歯科医師が手を尽くしても歯のなくなるスピードを遅くするのが困難な患者さんの数を1とすると、歯周病の進行がほぼ横ばいの患者さんが1、そしてゆっくりと歯周病が進行する慢性歯周炎の患者さんは8前後になると聞きます。

3つのタイプの患者さんの歯の衰えを感じた年齢が平均57.1歳ということですから、侵襲性歯周炎等の歯を失うスピードが速い患者さんは、おそらく40台前後ですでに、歯の悩みを抱えているように感じます。

平均寿命が延びているだけに、このような侵襲性歯周炎の患者さんをいかに救うかが、今後の私たち歯科医師の課題なのかも知れません。

インプラント治療は、有効な一つの解決方法といえるでしょう。

トーテム

家族でトーテムに行ってきました。

unnamed.jpg

シルク・ド・ソレイユは、いつもすごいなと感心させられるのですが、今回は派手さはないけれど、凄いパフォーマンスだと感じました。

そして、何かの本で読んだ「1万時間の法則」を思い出しました。

その職業で一流を目指すなら、1万時間のトレーニングがいるというものです。

彼らもそれを行う才能があるのは勿論ですが、さぞトレーニングを積んだことでしょう。

分野は全く異なりますが、私も知識のアップデートや、技術の向上を目指して、日々トレーニングを続けたいと思いました。

unnamed (1).jpg

ルノワール展

宮城県立美術館のルノワール展に行ってきました。

Renoir.jpg

被災地の復興支援として、世界各地のルノワールの絵画が集められたそうです。

個人的には、この「バレリーナ」という絵画が気に入りました。

4月16日まで開催されるそうです。

歯がなく固いものを食べにくいと感じている人は、抑うつのリスクが1.28倍。

・神奈川歯科大学社会学分野教授の山本龍生氏らの研究成果で、「固い物が食べにくい」と感じている人は、そうではない人に比べて抑うつのリスクが1.24倍、歯がないと1.28倍と有意に高かったことが分かった。
同研究は19自治体に在住し要介護認定を受けていない65歳以上の1万4279人を3年間追跡したデータを分析したもの。
結果では、全体の11.4%が新たに抑うつ状態となり、「半年前に比べて固い物が食べにくくなったか」に「いいえ」と答えた5858人のうちの10.1%、「はい」と答えた1437人のうちの16.2%。
さらには歯数では、20歯以上の3067人では9.1%、10-19本の2046人では12.2%、1-9本の1674人では13.5%、0本の775人では14.2%が抑うつ状態。
(アポロニア21 2017年3月号 )
*****
固いものが食べれないと抑うつのリスクが上昇するというのは、感覚的には納得できるデータです。
有意差がでたものの、思ったよりも差が小さいというのが個人的な感想です。

学術大会

ランパ矯正の顎顔面口腔育成研究会第五回学術大会に参加してきました。

IMG_5137.JPG

会場は東京御茶ノ水のソラシティホールです。

IMG_5140.JPG

ランパ治療を行う上で大事な、咽頭、口腔、舌、その頭蓋顔面領域の機能と形態について
口腔外科、耳鼻咽喉科、人類学の造詣の深い講師の先生方の講演を聞いて勉強してきました。

鼻呼吸と良好な口腔機能を獲得するために、まず形態的なアプローチで呼吸を改善していく
RAMPAセラピーによる顎顔面口腔育成治療はとても理にかなっています。

多くの患者様をしっかり治すことで、
この治療法をよりたくさんの人に知っていただけるよう
これから矯正治療を考えている人たちの選択肢となれるようにしていきたいです。

こどものランパ矯正:堀歯科医院ウェブサイト