仙台市内で総入れ歯セミナー!

土曜日は総入れ歯のセミナー参加のため、宮城県歯科医師会館に出かけてきました。

講師は山形のS先生。

総入れ歯に関しては全国的にも著名な歯科医師で、下顎総義歯の吸着をいかに成し得ていくかについての講演でした。

今回は咬み合わせを中心の講演でしたが、前回の復習も兼ねて、S先生が考える総義歯の外形についてのお話もあり、大変有意義なセミナーとなりました。

(前回のS先生の講演は、他のセミナーの参加の予定があったため参加できなかったと記憶しております。)

土曜日の19時ともなれば、”週末の楽しい時間”という方も多いはず。

内容も総義歯というある意味地味なテーマだったので、参加者はさほど多くはないのではなかろうかと考えていたのですが、宮城県歯科医師会館地下のセミナールームで椅子が足りなくなるくらいの盛況ぶりで私もびっくり!

(総入れ歯に関しては、どうあるべきかについては、概ね完成された学問ですので、新しいトピックはそう多くはないのです。)

仙台市内にも総入れ歯の患者さまにいかにして満足していただくかを研究し続けている歯科医師が少なくないということを再認識する結果となりました。

比較的新しい手法であるインプラント治療はもちろんのことですが、古くからある総入れ歯についても、新たな気持ちで今一度勉強をし直してみようと思いました。