東京で、歯列矯正セミナー受講!

歯列矯正セミナーから帰りました。


DSC09790_R.BMP

今回は実習つきセミナーということで、7・8本ほど、プライヤー等を持参しての出張となりました。

写真にある模型にユーティリティー・アーチを曲げていきます。

次にそれを基準として、歯列不正のタイプによって、アーチの形態を変化させていきます。

基本的には古くからあるマルチループと同じ考え方ですが、材料の進歩により、より簡便にほぼ同じ治療効果を得ることができるようになりました。


講師のH先生が提示された症例の中には、驚くほど治療期間が短いものも多く、新しいマテリアルに対する期待は一層高まりました。