口臭が恋の行方を左右?!

歯と口の健康週間:口臭が恋の行方左右......歯科衛生に関する意識調査

2013年06月04日

歯科衛生士養成の専門学校「早稲田医学院歯科衛生士専門学校」は、6月4日〜10日の「歯と口の健康週間」に合わせて、歯科衛生士を目指す同校の女子学生を対象に、「歯科衛生に関するアンケート調査」を実施した。「男性の口臭が気になる」が約9割に達し、男性の口臭が原因で「恋が進展しなかった経験がある」も12.4%もいるなど、口臭に対する意識の高さを表す結果になった。

 調査は同校の学生306名(10〜40代)に、13年4月10日〜19日にかけて書面で実施。男性の口臭を「気にする」が約9割に上った一方で、「気にする」と答えた学生に「口臭を注意できるか?」と聞いたところ、彼に対して7割、男友達に至っては9割が「注意できない」としており、苦しい胸の内がうかがえる。さらに、「口臭が原因で恋が進展しなかったこと」は12.4%、「口臭が原因で彼と別れたことがある人」は4.4%と、恋愛をする上で口臭対策が不可欠であることも判明した。また「彼に受けてほしい歯科医院でのメニュー」は、1位がクリーニング、2位が歯石除去、3位が歯周病チェックだった。




 また、歯磨きの習慣については、「1日に3回以上歯を磨く人」が44.2%と、厚生労働省の「平成23年歯科疾患実態調査」と比べて1.75倍と高い数値に。さらに、1回あたりの歯磨き時間も3〜5分と長く、口腔(こうくう)衛生に対する意識の高さが明らかになった。

 日本歯科大学の羽村章生命歯学部長は、「歯を失う原因の最たるものは、実は虫歯ではなく歯周病。歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を除去するためにも、1本ずつ丁寧に磨くとともに、デンタルフロスや歯間ブラシを利用し、歯の表面だけでなく歯間の歯垢も取り除くべきだ。一般的に歯磨きは毎食後といわれているが、最低限、朝食後と就寝前の2回は磨いたほうがよい」と話している。

 アンケートでは、「理想の歯を持つ芸能人」についても調査。1位は俳優の三浦春馬さん、2位は元メジャーリーガーの新庄剛志さん、3位は同率で歌手の福山雅治さん、俳優の向井理さん、岡田将生さんがランクインした。【平野啓輔】

*****

男性の口臭が原因で「恋が進展しなかった経験がある」女性が12.4%いたり、「口臭が原因で彼と別れたことがある人」は4.4%と、恋愛をする上でも口臭対策が不可欠であることは間違いないようです。


個人的には、"入れ歯を入れている人"と"口臭がある人"とキスをするのは、無理です。。。


そのような理由からか、今回の口臭と恋愛の関係については、思ったよりも数字が低めだと感じました。


私が子供の頃は、「歯磨きは寝る前に1回だけ」という人が大多数だったと記憶しているのですが、現在の学生さんは朝と晩は当然として、学校の昼休みにも歯磨きで口臭対策をしていると聞きます。


時代とともにより清潔な方へと移行しているのかもしれません。


そうして考えると、「口臭が原因して恋愛がうまくいかない」という悩みを持つ方は、今後増加するのではと推測しています。