第7回日本国際歯科大会に参加しました。

2014年10月10-12日パシフィコ横浜で開催された、第7回日本国際歯科大会に参加しました。
IMG_1918_R.BMP
国際歯科大会は、4年に一度開催され、私は2度目の参加となります。
国内はもちろん海外からも歯科医師が多数演者として招聘されており、非常に勉強になります。
ただ残念なのが、複数の会場でそれぞれの演者が同時にプレゼンテーションを行うことです。
今回も一つに絞るのが結構大変でした。
今回参加した国際歯科大会は、クインテッセンス出版から出された本の内容の概要をプレゼンしているだろうか?と思える発表が多いように感じました。
提示している症例も写真も専門書と全く同じで、ある意味、著名な歯科医師でも、人前に自信を持ってプレゼンできる症例は、数えるほどしかないのかもしれないと感じました。
専門書では、度々目にしている宮地建夫先生の講演を今回初めて拝聴することができました。
IMG_1922_R.BMP
歯の生涯図、咬合三角、カマーの分類等、比較的古くからある考え方ですが、堀歯科医院の患者さんの経時的変化をこの観点から見直してみたいと思いました。
ドイツ開業のArndt Happe先生の前歯部の審美インプラントに関するケースプレゼンテーションは、仕上がりが綺麗で驚かされました。
IMG_1964_R.BMP
国際歯科大会はデンタルショーも併設しており、新しい器具やマテリアルなどが展示されていました。
展示している企業の数が多いので、2周くらいしても、見落としている展示ブースがあるかもしれません。
IMG_1924_R.BMP
横浜はとても美しい街でまた来たいと思いました。
IMG_1967_R.BMPIMG_1970_R.BMPIMG_1936_R.BMP
パシフィコの隣には遊園地もあり、ライトアップされた観覧車が海辺に佇んでおり、ワインが一層美味しく感じられました。
IMG_1955_R.BMP