男性は受動喫煙で、重度歯周病リスク上昇!

・国立がん研究センターが1164人(男性552名、女性612名)を対象に行った疫学調査で、「男性」は自らタバコを吸う人はもちろんのこと、人の煙を吸う「受動喫煙」でも歯周病のリスクが高まることが明らかになりました。
「男性」で「受動喫煙経験のない非喫煙者」をベースに比較したところ、それぞれオッズ比で、「喫煙者」は約3.3倍、「家庭のみで受動喫煙経験のない非喫煙者」では約3.1倍、「家庭および家庭以外の場所で受動喫煙経験のある非喫煙者」では約3.6倍、重度の歯周病になるリスクが高くなりました。
タバコのニコチンは歯周病を引き起こす歯周病菌の発育を促し、その病原性を高めます。
受動喫煙でも同様のメカニズムで歯周病の圧下に拍車をかけることが推察されます。
この研究では、女性では受動喫煙と歯周病との間に関連が見られず、その理由は不明とされています。
日本人はこうして歯を失っていく )
*****
喫煙は重度歯周病のリスクになるというのはご存知のことと思います。
今回は、通常の喫煙と受動喫煙が、どの程度重度歯周病のリスクを向上させるのかという研究報告です。
この結果では、「家庭および家庭以外の場所で受動喫煙経験のある非喫煙者」の方が「喫煙者」よりも、重度歯周病になるリスクが高いとされています。
また、女性では受動喫煙と歯周病との間に関連が見られなかったというのも非常に興味深い結果ですね。
051.jpg
*****
歯周病が悪化する要因に喫煙があります。
有意差が出るほどではないのでしょうけれど、「喫煙者」よりも「家庭および家庭以外の場所で受動喫煙経験のある非喫煙者」の方がリスクが高いこと。
男性では受動喫煙と重度歯周病のリスクに関連が認められるのに対して、女性では受動喫煙と歯周病との間に関連が見られないことなど、興味深いデータです。